すっぽんパワー実感ガイド

メインイメージ

1位:肥後すっぽんもろみ酢

初回は500円から始められる超オススメのサプリ。使用している原材料の質も高く、さらにツバメの巣などの和漢成分をプラスしているのが特徴。

2位:すっぽん小町

ていねい通販のサプリメント。特にコストパフォーマンスが優れている訳ではないが、全体的にバランスがとれているので、それなりに人気。

3位:すっぽんしじみ粒

健康管理にオススメ度の高いサプリ。シジミを配合しているので毎日を元気にアクティブに過ごしたい人は必見です。通常価格もリーズナブル。

【目指せ肌キレイ】アンチエイジング情報

画像

シミ・シワ・くすみなど、年齢を重ねるとどうしても避けられない肌のトラブルが出てきます。
気が付いた頃には、肌のツヤがキメがすっかり失われてしまっていた(T_T)
なんて人は少なくないと思います。

実は私もその一人でした。
そんな時に、ひょんなことから出会ったスッポンが私の肌を若々しく変えてくれました。
年齢肌に悩んでいる人は是非すっぽんのサプリを試してみてください。

最初に肌の乾燥が解消されていき、徐々にしっとりモチモチした状態になっていきます。
そして、次は肌本来の弾力が取り戻されていきます。
実際に使ってみないと分からないのですが、質の良いサプリを選べば、かなりスピーディに肌は若々しく綺麗になっていきます!

ポイントはコラーゲンとアミノ酸!

画像

コラーゲンはご存じのとおり、様々な化粧品やスキンケアアイテムに含まれる美容成分です。
肌の弾力とハリを支えてくれる機能を持っています。

20代以降は年齢と共に体内にあるコラーゲンが減っていきますから、ある程度の年齢になったら、身体の外から摂取しないと肌の若々しさは維持できません。 しかし逆に言えば、加齢による肌トラブルに悩んでいる場合はコラーゲンを補給すれば、若い頃の肌質を取り戻すことが可能ということ。
それ故に【良質な天然コラーゲン】を摂取できるスッポンはアンチエイジングへの効果で絶大な人気を誇るのです。

しかし、実は【コラーゲンだけ】を摂っていても美肌は手に入りません。
摂取した全てのコラーゲンが肌に行き届く訳ではなく、内臓や筋肉など身体中に成分が分散されてしまうからです。 大切なのは、体内でコラーゲンをつくる機能を復活させること。

その為には【アミノ酸】が必要になります。
アミノ酸は、体内でコラーゲンを生成する働きを担っています。
すっぽんは、この【アミノ酸×コラーゲン】の黄金バランスを持っているので美容に優れた働きを発揮してくれます。

アミノ酸の質・量に優れた国産すっぽん

画像

もちろん、アミノ酸を摂ればそれで良いという訳ではありません。
ポイントになるのは【質・量】に優れていること。
人間にとって必要な約20種のアミノ酸をバランス良く摂るということも大切です。

そんなポイントを踏まえると、美容効果を実感する為には、スッポンサプリなら何でも良いという訳ではないということも分かってくると思います。

チェックしたいのは【どんな原材料を使っているか】ということ。
そして結論として挙げられるのが、このポイントです。

国産すっぽんを選ぼう

海外産に比べると国産すっぽんにはアミノ酸が豊富に含まれています。
実際に実感できる効果の差は歴然ですよ(^^♪

もちろん、国産だと【値段が激安】というものはありませんが、そこまで割高という訳でもありません。
コストパフォーマンスを考えると、かなりお得なアイテムも沢山あります。
その代表が肥後すっぽんもろみ酢です。

一日あたりにかかる費用は100円以下。
それでも国産の中でも高級なブランド【熊本県産肥後日の元すっぽん】を100%使用しています。
しかも、すっぽんを丸ごと凝縮しているのでコラーゲン・アミノ酸以外の栄養素もバランス良く摂取できます。
美肌を目指すなら、ぜひこのサプリを使ってみてください。
(初回はなんと500円でスタートできます!)

画像
画像
こんな点にも気を付けて!

せっかく綺麗になる為にサプリを飲んでいても、毎日三時にはポテチとジュース。
運動も特にせず、食べ物も油っこいものばかりということでは、残念ながらハッキリとした結果は得られません。

しっかりと結果を出す為には、食事内容や運動不足にも気を付けましょう。
すっぽんの効果を【応援するファクター】【邪魔するファクター】をまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

【応援するファクター】
  1. 食物繊維やビタミンCなど(果物や緑黄色野菜に豊富♪)
  2. 毎日の運動(ストレッチなど簡単なものでOK♪)
  3. 顔マッサージ(自己流でもOK!力を入れすぎず、優しく血行促進しましょう)
【邪魔するファクター】
  1. アルコールやタバコ(コラーゲンが合成できなくなってしまいます)
  2. 塩分・油分・糖分の過剰摂取(摂り過ぎに注意)